探偵になるための方法と勤務形態について調べました。

探偵になるための方法とは

探偵になるためには、どのようなことをすればいいのでしょうか。

探偵とは、他人の秘密を密かに調査することを仕事としている人のことを指し、そのために尾行や情報収集など、様々な技術が求められます。もちろん、これらは素人の人が見よう見まねでできるものではありません。では、いちから探偵業を学ぼうとしている人はどうすればいいのでしょうか。

まずは、本などで探偵についての知識を積み重ねましょう。これだけでもある程度の専門知識を得ることができるでしょう。知識を得て、本気で探偵になりたいと思えた人は、学校で学んでみるのもありでしょう。

実は、探偵業について教えてくれる専門の学校である、「探偵学校」なるものが存在します。そこでは、具体的な尾行や調査の方法や、証拠写真や指紋の取り方、さらには探偵が守るべき条例や刑法の知識まで探偵業に関わるあらゆる知識を教えてくれます。

しかし、探偵学校は通信制も含めて非常に高額であるため、学校の選定には慎重に行う必要があるでしょう。

選定する際に注目すべきポイントとしては、「教育課程がしっかりしているか」、ということと「就職サポート体制」の2点になります。

まず前者の教育課程ですが、探偵業は分野として特殊なためにスタンダードな技術自体が確立されていません。つまり、探偵業を「我流」で教えている学校もあるということなので、その学校のカリキュラムが本当に理にかなったものなのか見極める必要があります。

後者の就職サポートですが、学校を卒業していきなり独立しても生計が立てられないことになりかねないので、最初は調査会社や探偵事務所に所属して働いた方が賢明です。

探偵学校は調査会社や事務所が運営していることが多いので、卒業後の進路を手助けしてくれるところを選ぶようにしましょう。

探偵の勤務形態にもいろいろあります

探偵事務所で働くひとは色んな勤務形態で日々の調査を行っています。

単純に正社員とアルバイトという違いがあるだけではありません。
探偵事務所では、現場で調査を行う調査員の他に、電話相談や面談を対応するスタッフ、各調査や離婚相談を専門とする専門スタッフやカウンセラー。他にも事務所を運営するために必要な事務スタッフと、いろんな形態で探偵事務所に務めています。

規模があまり大きくない個人事務所なら、少数でこれらの業務を共有したり、またはひとりで全ての業務を行うといったことがあります。

就職する先の探偵事務所がどのような勤務形態で求人を募集しているかを見ると、この辺の違いを知ることができるはずです。

勤務先を選ぶときには、求人情報の募集要項をよく調べること、そして自分がどのようにして探偵事務所で働くことができるのかを確かめておくことが大事です。