料金が安い探偵は注意が必要か?

料金の安さから選ばれる

探偵社を選ぶ理由に、少しでも料金が安い業者を探すといった理由があります。これは、探偵業界全体でみても、依頼で支払うことになる料金が高額で一件の調査依頼で数十万円以上というのはあたりまえだからです。
そのため、比較的料金の安い業者を探そうとするので、依頼人の多くは、料金の安さに目がいってしまう傾向にあります。
確かに、料金の安さというのは、買物など物を購入する、またはサービスを受ける上で大変重要な判断材料ではありますが、安さばかりに気をとられてしまうと、痛い失敗をしてしまうかもしれません。
何故なら、依頼者の多くで、料金の安い探偵社へ依頼を出した人が、調査終了後にトラブルになり、消費者センターや調査業協会などの団体へ相談をするといったことが度々あるのです。
この理由としては、料金を極端に安くしている業者に悪質な業務を行う、「偽」の探偵社が存在しているからです。偽の探偵社というのは、探偵業法で定められた警察、公安委員会への登録義務を果たしていない業者で、こういった業者は法令が施行された現在でも、数は少なくなりましたが、まだ残っているのです。
そんな悪質な業者の鉄板の手口が、料金を異常に安く設定しておき、依頼をしてきた人へ後から後から調査料金の増額を迫るといったものです。
また、他の手口としては、最初に着手金といって一部の料金を支払わせて、調査に失敗しましたと偽りの報告をし、着手金を騙し取るといった手口です。
これらの悪質な業者に騙されてしまう可能性があるので、もしも安い料金で運営している業者を選ぶ場合には、何故料金が安くなっているのか、そして調査はどのようにおこなうのかなど、契約書の細部も説明してくれる業者を探す必要があります。
実際に、まともな調査をちゃんとおこなっている業者も数多くあり、その中には安い調査料金で調査をおこなってくれる業者も少なからず存在しています。
そんな業者にめぐり合うためにも、キチンと探偵社を見極める目が必要になります。